高齢者に多い病 | 負担なく治す更年期障害|医療で使われる治療薬のオドロキ効果

負担なく治す更年期障害|医療で使われる治療薬のオドロキ効果

	医者

高齢者に多い病

看護師

高齢の人に注意が必要な病として、椎間板ヘルニアが挙げられます。椎間板ヘルニアとは、脊椎の骨と骨の間にある椎間板と呼ばれる部位が変形することにより、発症する病です。椎間板は脊椎同士の衝撃を和らげ、背筋を柔軟に曲げ伸ばしするために必須のものです。しかし、年齢が高くなり腹筋や背筋が衰えてしまうと、姿勢を正常な状態に保つことが難しくなり、背骨にも大きな負担を掛けてしまいます。負担がピークを超え、背骨が重量に耐え切れず変形した場合、それまで脊椎に収まっていた椎間板が飛び出してしまうことで、脊椎の神経に痛みを与える椎間板ヘルニアが発症してしまうのです。単純な腰痛との違いは、背骨の重要な神経を圧迫してしまっている点にあり、神経の圧迫によって下半身にさまざまな問題が発生するようになります。太ももやふくらはぎの痺れや痛み、さらには思うように足へ力が入らないことから、歩くことも困難となります。椎間板ヘルニアが重症化してしまった場合、寝たきりの人生を余儀なくされる場合もあるので、椎間板ヘルニアが発症した場合早めの対処が必要となるでしょう。

椎間板ヘルニアは、専門の病院で適切に治療することができます。変形した椎間板が圧迫し、まともな生活が送れないほど重症化している場合、外科療法によって治療する方法が取られます。変形した椎間板を切除する方法や、レーザーを使用することで変形した椎間板を縮小させる方法などが利用できます。椎間板ヘルニアの症状が比較的軽い場合や、外科療法を行う事が危険である場合は、内科療法によって治療されます。コルセットを装着し背骨への負担を軽減させ、筋肉の炎症を抑える薬や温熱治療などを駆使することで、椎間板ヘルニアのつらい痛みや負担を軽減させられるでしょう。椎間板ヘルニアを治療する場合、なによりも大事なのは早期の発見です。腰の痛みを単純な老化のせいにせず、気になる症状があれば専門の医師に相談する必要があるのです。